日焼けしやすい人は色白?それとも色黒?

日焼けはほとんどの人が経験したことがあるでしょう。

日焼けをしたほうが健康的なイメージが強く昔は日焼けした小麦色の肌を元気で恰好が良い、

色黒美人の象徴でもあったのですが

最近は皮膚がんや美容面でのリスクも知れ渡って紫外線対策を取るい人も増えたために一概に日焼けした肌が良いとは思われないようになってきています。

日焼けをするときには人によって焼け方が違ってきます。

同じ時間帯に同じ場所で紫外線対策をせずに日焼けをしたのに一人は肌が赤くなっているのに一人はいきなり肌が黒くなることもあるのです。

日焼けをしやすい人は肌がいきなり黒くなる人です。直ぐに黒くなるのでメラニン色素が活発に生成されていることを表しています。では日焼けをしにくい人とはどのような人でしょうか。

日焼けしても肌が赤くなるだけで黒くならない人です。一定の期間が過ぎると赤みを帯びた肌の色は元通りに白く戻る人です。一見するとうらやましい肌のように思えます。

しかし、メラニン色素の生成ができにくい人となり、肌を守ってくれるメラニンの効果を期待できない人となるのです。

これは皮膚がんや皮膚の老化を早める危険性があるので決して良いとも言えないのです。いわゆる白人はこのタイプになりメラニン色素を生成する力が少ないために実際に皮膚がんになる人は白人が圧倒的に多いのです。

つまり、白人は幼少のころから紫外線対策を怠らないようにしなくては自分を守る力を持ち合わせていないこととなるのです。

紫外線の種類はサンバーンとサンタン

紫外線対策をしっかりと取っていれば起こらないことですが、
日差しが強い日光に当たると誰しも日焼けをします。

しかし、日焼けの状態は人によって色々となります。

日に焼けて赤くなる人もいれば赤くなることもなくいきなり黒い色になる人もいるのです。日焼けは紫外線Bを浴びることによって起こる現象です。日焼けには種類があります。

サンバーンとは

日に焼けて赤くなっている状態をサンバーンと呼びます。日焼けをして数日はこの状態が続く人がほとんどです。ただし、かなりの量の紫外線を浴びてしまうとヒリヒリしたり水ぶくれができてしまうこともあるので紫外線対策は怠るべきではありません。

サンタンとは

赤みが消えて黒くなった状態をサンタンと言います。サンバーンとサンタンはメラニン色素の影響で変化が生じているのです。紫外線を浴びると血管は拡張します。そのため血流が増えて肌は赤くなります。それと並行してメラニン色素が作られて肌が黒くなるのです。

このとき紫外線を浴びすぎるとメラニン色素が過剰に作られてしまいシミになるのです。メラニン色素は人により発し方が違います。紫外線対策をせずに日焼けをあした際に肌が黒くなる人もいれば赤くなるだけの人もいます。メラニン色素を発しやい人は肌が黒くなりやすく、かつシミを起こしやすい。

メラニン色素を発しにくい人は肌は黒くなりにくいのですが、細胞を保護する力があるメラニンによる肌の防御作用を期待できないことになるので皮膚がんになる可能性は高くなるのです。

紫外線対策のために特徴を知る!季節や天候など

紫外線に関して何知識もなく無防備に生活を送ることはもはや危険だと考えてよいでしょう。

紫外線対策を考えるのであれば紫外線について良く知っておくことも必要です。

特に人体にとって危険性が高い紫外線Bについては理解を深めておくべきだと言えます。

紫外線は日中の10時から14時ごろが一番多くなる時間です。

季節で言うと紫外線Aは年間通して量的には変わりがないのですが紫外線Bは夏が一番多いのですが春や初秋のころも多い時期となります。

場所的には南の地域ほど紫外線の量は増えて太陽に近い高地ほど紫外線Bは多いのです。天候的には天気が良い快晴の日が紫外線Bはかなり多いのですが曇りの日でも快晴の時の6,7割程度、雨や雲の多い日でも2,3割程度は地表に届いていることになります。

冬場は紫外線が少ないのですが新雪などが積もった時には8割程度も紫外線を反射すると言われているので注意は必要となります。紫外線は夏場や平均的に太陽の光線が強い地域は当然、紫外線対策を怠るようなことがあってはいけないのですが、意外と紫外線の心配をしない時期や時間帯であってもしっかり紫外線は降り注いでいるので本来は年中、日中であればどの時間帯でもどこにいても紫外線対策は行うべきだと言えるのです。

また、紫外線Bに気を付けるだけでなく年中降り注いでいる紫外線Aも浴び続けることは体にとって良いことはありません。一年を通して紫外線対策を頭に入れて行動を取ることを心得たほうが間違いはないのです。

ニュートロックスサンの飲む日焼止めサプリの安全性は?

日焼け止めサプリです。今まで日傘や日焼け止めクリームを肌に塗ることで、紫外線から直接肌を守ろうとしてきましたが、ニュートロックスサンは体の中から紫外線を守るという別のアプローチから紫外線に対抗するためのサプリメントなのです。

ニュートロックス酸の飲む日焼止めサプリ

ニュートロックスサンとはスペインのミギュエル大学とモンテローザという企業が共同で開発した成分です。日差しが強いスペインの気候のなかで育ったシトラスとローズマリーを特定の配合で混ぜることによって作られたこの天然ポリフェノールが紫外線に対して効果があることが証明されました。

人間の肌は紫外線をそのまま浴びると肌にダメージを負います。紫外線には人体に悪影響となる物質も含まれているため、紫外線を浴びることで人間は自らの体を守るため「活性酸素」を発生させます。この活性酸素は紫外線から身を守る働きをしますが、同時に細胞を傷つけてしまう諸刃の剣でもあります。この活性酸素が活躍しすぎることによりシミの原因になったり肌の老化につながります。

ニュートロックスサンはこの紫外線を浴びることによって発生する「活性酸素」が活躍しすぎないように抑える効果があります。そのため、ニュートロックスサンを摂取することで紫外線を浴びても肌に影響がでにくくなるのです。

紫外線は人体に悪影響をおよぼしてばかりいるわけではありません。人は日光を浴びることでビタミンDを作ることができます。ビタミンDはカルシウムによる骨の形成を助け、免疫力をアップさせ、糖尿病などにも効果があるとされています。このビタミンDは肌に日焼け止めクリームを塗ると作られる量も減ってしまうのですが、日本製の飲む日焼止めサプリ、ニュートロックスサンを飲めば内側から効果をおよぼすため、ビタミンDの生成を阻害することがないというメリットがあります。
しかも飲む日焼止めサプリの主成分、ニュートロックスサンは後から飲んでも効果を発揮してくれます。もしも日焼け止めを忘れて日差しを浴びてしまい、日に焼けてしまった方でも後悔する必要はありません。気づいたときにニュートロックスサンを飲めば肌へのダメージを防ぐことができます。
安全性も確保されており、副作用などは報告されておりません。ただし妊婦や授乳中の母親、4歳未満のお子さんは飲むことはできません。また現在、薬を服用されている方は使用する前に必ず医師に相談しましょう。
ニュートロックスサンは体に取り込むことで内側から日焼けによる肌へのダメージを防いでくれる成分です。あくまでも日焼けによる肌へのダメージや老化を防ぐことに重点をおいて開発された成分なので肌の日焼け自体は防ぎにくい側面があります。日焼けを含めて防止したいという方は日焼け止めクリームと併用することで万全な紫外線対策を行うことができます。