日焼けしやすい人は色白?それとも色黒?

日焼けはほとんどの人が経験したことがあるでしょう。

日焼けをしたほうが健康的なイメージが強く昔は日焼けした小麦色の肌を元気で恰好が良い、

色黒美人の象徴でもあったのですが

最近は皮膚がんや美容面でのリスクも知れ渡って紫外線対策を取るい人も増えたために一概に日焼けした肌が良いとは思われないようになってきています。

日焼けをするときには人によって焼け方が違ってきます。

同じ時間帯に同じ場所で紫外線対策をせずに日焼けをしたのに一人は肌が赤くなっているのに一人はいきなり肌が黒くなることもあるのです。

日焼けをしやすい人は肌がいきなり黒くなる人です。直ぐに黒くなるのでメラニン色素が活発に生成されていることを表しています。では日焼けをしにくい人とはどのような人でしょうか。

日焼けしても肌が赤くなるだけで黒くならない人です。一定の期間が過ぎると赤みを帯びた肌の色は元通りに白く戻る人です。一見するとうらやましい肌のように思えます。

しかし、メラニン色素の生成ができにくい人となり、肌を守ってくれるメラニンの効果を期待できない人となるのです。

これは皮膚がんや皮膚の老化を早める危険性があるので決して良いとも言えないのです。いわゆる白人はこのタイプになりメラニン色素を生成する力が少ないために実際に皮膚がんになる人は白人が圧倒的に多いのです。

つまり、白人は幼少のころから紫外線対策を怠らないようにしなくては自分を守る力を持ち合わせていないこととなるのです。