紫外線の種類はサンバーンとサンタン

紫外線対策をしっかりと取っていれば起こらないことですが、
日差しが強い日光に当たると誰しも日焼けをします。

しかし、日焼けの状態は人によって色々となります。

日に焼けて赤くなる人もいれば赤くなることもなくいきなり黒い色になる人もいるのです。日焼けは紫外線Bを浴びることによって起こる現象です。日焼けには種類があります。

サンバーンとは

日に焼けて赤くなっている状態をサンバーンと呼びます。日焼けをして数日はこの状態が続く人がほとんどです。ただし、かなりの量の紫外線を浴びてしまうとヒリヒリしたり水ぶくれができてしまうこともあるので紫外線対策は怠るべきではありません。

サンタンとは

赤みが消えて黒くなった状態をサンタンと言います。サンバーンとサンタンはメラニン色素の影響で変化が生じているのです。紫外線を浴びると血管は拡張します。そのため血流が増えて肌は赤くなります。それと並行してメラニン色素が作られて肌が黒くなるのです。

このとき紫外線を浴びすぎるとメラニン色素が過剰に作られてしまいシミになるのです。メラニン色素は人により発し方が違います。紫外線対策をせずに日焼けをあした際に肌が黒くなる人もいれば赤くなるだけの人もいます。メラニン色素を発しやい人は肌が黒くなりやすく、かつシミを起こしやすい。

メラニン色素を発しにくい人は肌は黒くなりにくいのですが、細胞を保護する力があるメラニンによる肌の防御作用を期待できないことになるので皮膚がんになる可能性は高くなるのです。