紫外線対策のために特徴を知る!季節や天候など

紫外線に関して何知識もなく無防備に生活を送ることはもはや危険だと考えてよいでしょう。

紫外線対策を考えるのであれば紫外線について良く知っておくことも必要です。

特に人体にとって危険性が高い紫外線Bについては理解を深めておくべきだと言えます。

紫外線は日中の10時から14時ごろが一番多くなる時間です。

季節で言うと紫外線Aは年間通して量的には変わりがないのですが紫外線Bは夏が一番多いのですが春や初秋のころも多い時期となります。

場所的には南の地域ほど紫外線の量は増えて太陽に近い高地ほど紫外線Bは多いのです。天候的には天気が良い快晴の日が紫外線Bはかなり多いのですが曇りの日でも快晴の時の6,7割程度、雨や雲の多い日でも2,3割程度は地表に届いていることになります。

冬場は紫外線が少ないのですが新雪などが積もった時には8割程度も紫外線を反射すると言われているので注意は必要となります。紫外線は夏場や平均的に太陽の光線が強い地域は当然、紫外線対策を怠るようなことがあってはいけないのですが、意外と紫外線の心配をしない時期や時間帯であってもしっかり紫外線は降り注いでいるので本来は年中、日中であればどの時間帯でもどこにいても紫外線対策は行うべきだと言えるのです。

また、紫外線Bに気を付けるだけでなく年中降り注いでいる紫外線Aも浴び続けることは体にとって良いことはありません。一年を通して紫外線対策を頭に入れて行動を取ることを心得たほうが間違いはないのです。